大阪エヌデーエス BPMソリューション

~既存のアプリも先進テクノロジーも生かす~
戦略的業務システム構築セミナー

回復基調の経済情勢、昨今の世界情勢、増減税、復興関連事業、オリンピック開催などの経営に
影響のある社会環境の変化に加え、本格活用期に入ってきたクラウドをはじめとするITの進化
への対応など、企業が対応しなければならない外的環境の変化はますます加速しています。
さらに、日々、現場での業務改善の要求は尽きることがありません。
本セミナーでは、効果的に経営戦略を立案・明確化し、現場業務の改善もしっかり取り入れながら、新旧のITを最大限に活用する考え方と計画手法、実例などをご紹介します。


実施概要

日時2014年10月22日(水) 14:00~16:40 (13:30受付開始)
場所グランフロント大阪北館 タワーC 8F
ナレッジキャピタル カンファレンスルーム RoomC03

大阪市北区大深町3-1
対象者IT部門管理者様、業務部門管理者様、各ご担当者様
定員60名
主催/協賛株式会社大阪エヌデーエス / 株式会社匠BusinessPlace、株式会社アプレッソ
参加費無料
お申し込みお申込み受付は終了いたしました。
お申し込み
問合せ先
株式会社大阪エヌデーエス エンタープライズグループ 営業担当 野島
TEL:06-6945-6800 E-Mail:bpms_solution★nds-osk.co.jp (★を@にして下さい)

プログラム

13:30-14:00 受付
14:00-14:05 ご挨拶
14:05-15:05
(60分)
『価値作りから始める戦略的業務とITの設計』
企業の取組むべき新業務企画やITシステム構築課題を、ビジネス価値の創造・デザイン
から始め、プロジェクトの戦略業務設計およびIT開発に繋げていく手法をご紹介します。
また、このようなビジネス企画手法がなぜ必要されているのか、その効果や有効性について
事例を踏まえてご説明します。

株式会社大阪エヌデーエス フェロー
株式会社匠BusinessPlace 代表取締役社長 萩本 順三
15:05-15:15 休憩
15:15-16:00
(45分)
『経営戦略、現場業務改善をベースとした統合IT基盤の考え方』
現場業務の改善の要求、経営戦略に基づく新しい業務プロセス、新たなテクノロジーや
サービスを続々と生み出すIT、これら三つの要素をしっかりと結びつける計画手法や
基盤が重要であることは言うまでもありません。
本セッションでは、現場の業務改善を描いた上で、これを基に新しいテクノロジーへの対応や既存のシステムをフルに 活用することができる基盤の考え方について、“例えば”を交えてご説明します。

株式会社アプレッソ 事業推進本部長 船橋 伸二
16:00-16:30
(30分)
『新業務システム構築支援サービスのご紹介』
「価値作りから始める戦略的業務とITの設計」や「経営戦略、現場業務改善をベースとし
た統合IT基盤の考え方」を取り入れた業務改革プロジェクトの立ち上げや、既存システムを活用、且つ新たなIT進化に対応できるシステム基盤の構築を大阪エヌデーエスのご提供するソリューションサービスとしてご紹介します。

株式会社大阪エヌデーエス 事業推進 エンタープライズグループ 野島 敦
16:30-16:40 クロージング 質疑応答